どうして子供に切れるのか 怒りのコントロール できること(1)

誰でも子供には笑顔で接したい

育児・家事・仕事をなんとか1日やりきって、子どもの寝顔を見たとき、なぜ、こんなにかわいい子にあんなに怒鳴ってしまったのか・・・。もっとなぜ話を聞いてやれなかったのか・・・。少し落ち着て笑顔で応じてやれなかったのか・・・。あんな怒って言わなくても通じた話だったのではなかったか・・・。

かわいそうなことをしてしまったと反省して罪悪感にさいなまれる経験は誰でも母親ならありますよね。

私はそのたびに誓うのだ。

「明日は、絶対に怒らない。にこにこ太陽のようにやさしい母親でいようと!」

でも、そんなの無理!

翌朝、なかなか起きない子供たち。起こしても抵抗を示し、どんどん出勤時間が迫ってくる。

最初は優しく声かけていても、4~5回それを繰り返すうちに、イライラした感情が湧き上がってきて、昨夜の誓いはもろくも破られ、

「いい加減に起きなさい!!」と怒りMAXでまた感情が爆発!!!

そう。無理なんです。「絶対に怒らない」なんていう誓いは。

そんなことを誓うからストレスが溜まって、またその誓いが果たせないことに、いらだち、罪悪感、無力感、しんどい、辛さが増し、育児なんて楽しくないループいに陥るんです。

だって、子供ってめちゃくちゃ

子供ってめちゃくちゃですよね。寝たければ寝るし、食べたければ食べるし、泣きたければ泣くし、喧嘩しかたければ喧嘩するし、食べたくないものは食べないし、思い通りにならなければ親にいいつけるし、YouTube・ゲームは際限なくしたがかるし。

それを、温かく見守るなんて無理!

だって、子供たちにはちゃんと成長してほしい、きちんと自立してほしい。

なんとかしないと!これはまずいよね??っという不安・焦りが、怒りとして湧き上がり、大切でかわいい我が子を怒ってコントロールしようとしてしまうのだ。

怒りは本能!

怒りという感情は、何百万年もの前から人間の脳の中にある感情や本能的な行動をつかさどる原始的な脳の部分から生じるストレスに対する生理的・感情的反応。

自分の願望が叶えられないときに心も体も怒りという反応を示してしまうもの。

怒りの感情は防衛本能でもあるので、この感情自体が悪いわけでも、この感情を抱くことに罪悪感を持つ必要もなく、自分はこれにイライラするんだなと受け止めて、その気持ちをどう相手に伝えるのか工夫のしどころ。

怒りの感情は消えないけど、伝え方は変えられる

幸い人間には新皮質(新しい脳)が辺縁系(原始的な脳)を取り囲むようにして大脳組織の中にあり、この新皮質(新しい脳)によって人間は知性を得て、怒りに任せた力に頼ることなく、他の方法を試みることができる。

①爆発するまで怒りをため込まず、こちらの気持ちを小出しに伝える

(例)何度起こしにいっても起きないと、出勤の時間に遅れそうでお母さんは、イライラして怒りたくなってしまうんだ。

(例)お母さんにあなたたちに起きて、気持ちよく朝ご飯を食べて元気に学校にいってほしいと思っているんだ。

(例)あなたたちが朝起きないと、寝るのが遅いのが原因だから、夜も「早く寝なさい」とガミガミいいたい気持ちになってくるんだ。

(例)今は、こうやってお母さんの気持ちを言葉で伝えて、起きてもらえるように伝えられているけど、そろそろお母さんも我慢も限界にきているんだ。お互い気持ちのよい朝を迎えるために、協力してもらえないかな。

こんな感じで、自分の気持ちを言葉にして伝えていると、一気に怒りがMAXで怒鳴り散らすことは防げぎやすい。

②言葉だけでなくスキンシップをはかり、ぐっと心を近づける

小学生の年少~年中であれば体をさする、くすぐる、笑わせる!そして「さ!ごはん食べちゃおう!」っていうのも効果的。

赤ちゃん~保育園児なら、抱っこして「連れて行ってあげる!」「フルーツむいてあるよ!」など布団より楽しい場所に行きましょう!と体ごと環境を変えてしまう。

6秒待つ・場所を変える方法もあるけれど

育児に怒りの感情はつきもので、なんとか解決したくてアンガ―マネジメントの勉強をしたことがあります。

「6秒待つ」これが育児における怒りのコントロールでやったら苦行過ぎました。というのも、自分が怒りそうなので、6秒カウントしているときに、子供が追加でイラつくことをいってくるともあり、それを我慢するのがストレスでした。

「場所をかえる」これは、泣きじゃくって保育園児や文句をいってくる小学生たちの態度や言葉に、イラついて、怒りそうになってトイレに駆け込んだこともあるけど、保育園児は、トイレのドアの前、「お母さん、どっかいかないで~」とさらに号泣するし、小学生たちは「ちゃんと話を聞いてよ」と文句を言われて、うまいこと行かないことが多かったなぁ。

これを性にあう方が多いから人気にあるスキルなのだと思いますが、私は、 ①怒りをため込まず、こちらの気持ちを小出しに伝える (ちゃんと言葉で伝えられる段階で怒りの感情を処理する)、 ②言葉だけでなくスキンシップをはかり、ぐっと心を近づける (ぐっと相手に近づく)という方法が、怒りのコントロールしやすかったので、シェアしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました